FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


1P1000759.jpg


 孤独はいい
 一人ぼっちはいい
 鍵をかけ、ひっそりと部屋にこもって
 私は黄色いサブマリンになり
 深く静かに潜航しながら
 生まれる前に旅立つ

 荒れる外洋のような嵐もなく
 不安をいざなうウネリもなく
 悪夢のような闇もなく
 海底にゆらめく岩や草や貝殻や生き物や
 不思議なさかなたちの輪舞をながめながら
 時間旅行という航海を続ける

 孤独はいい
 一人ぼっちはいい
 ずっとこの感触を忘れていたのか
 あたたかく、まどろむような海底の静謐
 記憶の鉱石はひそやかに散乱し
 やわらかい彩りをそえて輝く

 私は散らばった結晶をひとつひとつ
 大切な宝物のように拾い集め
 ポッケに入りきらない断片を
 小さな標本箱に並べていく
 それは終わりにそなえた記憶採集
 優しい呼吸のように私を息づかせる

 
 体を丸め横たわり目を閉じる
 懐かしい安息は、私をおぼろげなひかりに包み
 幼な子の時空につれていく
 私のノーチラスは深く滑るように潜航していく
 孤独はいい 
 一人ぼっちはいい

2P1000779.jpg
4DSC_8474.jpg
5P1000788.jpg
6P1000789.jpg

クラウス・シュルツ「ボディラブ」


ドイツのポルノ映画のために書かれたサウンドトラック。
シュルツはワグネリアンというよりもブルックナー的荒涼とした
内宇宙を旅している。彼もまた一人スタジオでコツコツと音を紡ぎ、
この時代、たくさんいたジャーマンロックの、グループで
作曲・演奏された人たちとは明らかに違う音楽の位相にいる。
私はどうも単独者の音楽により惹かれてしまうのです。
2013.04.21 Sun l タキシード猫クロコ・プリンセス l コメント (0) トラックバック (0) l top


コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroko0922.blog54.fc2.com/tb.php/547-f8634f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。