FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


P4190130.jpg

最近のカメラって写りすぎるというか綺麗すぎて、どうして汚すかがいつも悩みの種です。
そんなにキレイに写らないでねって。トイレンズだって写り過ぎます。やっぱ数千円ほどのトイカメラしかないのかなって。

キャップレンズとかいうのを買って、ノーファインダーでパチパチ、バスに乗って窓に押し付けてパチパチ、歩きながら、よそ見しながらパチパチ、ピント合わせって面倒、案の定ピンボケ写真ばっかでした。

どうもカメラを覗いて撮るって恥ずかしくて、モノならいいけど、風景でも覗いているとこ人に見られるのが照れくさい。その点、広角レンズならピント無限に設定して首からぶら下げたまま構わずぱちぱちするのは気持ちいい。でもボケボケです。やっぱりね。

デジタルになってカメラはいつも叩き売りバーゲン、それなら叩き買いしてやろっと、タバコやめたお小遣いで一・二年遅れの型落ちなら数ヶ月に一台買えるかも。安物買いのカメラ道楽、フィルム時代ならF3で十年楽しめたのにね。フィルムはお金食いなのでもう戻れません。
今じゃコダクロームもなくなっちゃったし、あれ大好きだった。ISO64を一段以上アンダーに絞って明るい日にパチパチ、盛り上がったフィルム面が濃密で美しかった。

ピント、マニュアル固定だとラクチン、でもピンぼけ。私みたいな怠け者に向けて作ったカメラって他にないかしら。帽子にセットしてリモコンで撮れるとか、超広角ならって、次はフィッシュアイレンズを試そうかと、鼻毛抜きながら思案中です。 

P4190070.jpg
P4190155.jpg
P4190137.jpg
P4190105.jpg
P4190110.jpg




クララ・ハスキルは高校生の時、生意気にもモーツアルトの20番と24番が好きで、ストイックで硬質な響き、張り詰めた緊張感、女性ピアニストの甘さは全くなかった。若いころはとっても美少女だったけど、どこか悲劇性がついて回ったような雰囲気がします。この24番はエモーショナルな演奏で、マルケヴィッチ指揮のオケも研ぎ澄まされた即物的、全体をおおう乾いた叙情性がたまらない魅力です。
2013.04.24 Wed l フォトスケッチ l コメント (0) トラックバック (0) l top


コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroko0922.blog54.fc2.com/tb.php/548-7cecdf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。