FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


モジリアーニ4

10数センチのオーガニズム。
太古から変わらない性的快楽、男性の絶頂感は精子が精管を上り、尿道を走り精液として放出されるまで。それが男性のオーガニズム、エクスタシーの時間です。精子の旅、贔屓目に見てもほぼ平均10数センチ未満。
男性にとってのエクスタシーとは精子がペニスの尿道を駆け抜ける、たった数秒の快感なのです。
まさに真夏の夜のカミナリの如く。
オチンチンに個人差はあるのでしょうが、短距離競走がもたらす刹那の瞬間。なんという慎ましやかな喜び。

恋をして、戦略を立て、接近遭遇、もどかしくも会話を成立させ、最高のもてなしでデートに誘い、数週間、場合によっては半年から一年、様々なステップをこなしながらなんとか二人だけの時間と場所の確保にたどり着く。

男性のこの衝動を動かしているのは100%、脳内妄想という衝動です。
数百時間を費やしてやがて得るものとは、たった数秒のエクスタシー、それ以外は肉体的快楽を伴わない幻想、妄想の世界。
女性と比べて、想像ですが、はるかに貧相な性的快楽です。

この太古から変わらぬ男性のエロスのありようにコペルニクス的変換を打ち立てたのがイナガキタルホのA感覚。
ペニス感覚という呪縛からの解放をひそやかに宣言したタルホこそ新しい時代のエロス。もっともそれはギリシャ時代から行われてきたのですが。
私は更に男性にとっての快楽の可能性について、語りたいと思います。

それは背中。
直線短距離競走から、いきなり広大なエリアへ向け、サッカー的ジグザグ・オーガニズムを開拓しようというのです。

考えてもごらんなさい、痒みと快楽は紙一重、痒みが襲ってきたら思わず近くにあるモノサシや尖った柱で格闘したことがどなたでもあるでしょう。
痛痒さとエクスタシーは同じ感覚の泉から発しているに違いありません。
しかも発生する箇所は40数センチ×60数センチ、オーチンチンに比して、なんと広大なフィールドドリームでしょうか。まさにロードから荒野へ。

そして恐れ多くも麗しの女神、恋焦がれてきた女性に、孫の手の役割を担ってもらうお願いをしようというのです。

お願いごとはそれだけではありません、出来うるなら女神の爪を、片方は短く決してヤスリをかけないで野性的、粗野な激しい愛撫を。
もう片方は長く伸ばした爪先を鋭く磨きあげて、娼婦のごとく繊細に、しかし危ういほどの強さと優しさの刺激を。
この快楽は男性が女性に全身を任せることで成立する性宴。
コンダクターの如く、女性の両手はバック・フィールドを自在に駆け巡り、翻弄し、弄ぶ性の遊技となるのです。

かつて性は男性が女性を肉体的優位で支配する形が圧倒的でした。
しかし、本当はそれさえも男性が女性に支配されている、従属していることの裏返し。
支配しているのは男性ではなく女性、SM的な支配関係であれば尚更、Sの男性はMの女性の奴隷的しもべにすぎなかった。
ボンデージ行為も主導権は拘束される女性。男性は女王様が一人だけの恍惚感をより長く、耽溺の時を過ごせるよう全神経を張り詰めてフォローしている黒子にすぎません。

背中における性の営みによって、支配関係を逆転させたい、ひざまずいて背中を女性に預けることで初めて性の主導権を獲得する。ここでの女性はもはや女王様ではありません、両手の爪で男性に奉仕する性の演奏家なのです。
この行為はいつでも互いが役割を交換することで、性の平等性を確立します。支配、被支配の関係を超える新しい性のカタチ。
さあ、若き恋人たち、背中という性の荒野に、挑んでみてください。

モジリアーニ2
モジリアーニ3
※すみません、馬鹿っぱなし、冗談です。お許し下さい。
 モジリアーニの背中の裸婦像があったらと。モジリアーニさんごめんなさい。

モジリアーニ:モンパルナスの美女


モジリアーニの女性像はどんな画家の作品より物悲しくてやるせなくて切なくて女性らしい。なぜ生前、絵が売れなかったのか不思議。女性にもててパトロンもたくさんいたはずなのに。悪徳画商にイジメられた。キャンバスのマチエール、色彩がパリの古壁みたいにとても美しい。
十歳ころ観たジェラール・フィリップが主演した映画「モンパルナスの灯」も悲しい記憶が。後追い自殺した妻ジャンヌを「男と女」のアヌーク・エーメが演じています、とびきりの美人。
2013.07.09 Tue l ばかっ話 l コメント (0) トラックバック (0) l top


コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroko0922.blog54.fc2.com/tb.php/574-de2e5bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。