FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


1M3.jpg

もう三十年以上前、ニコンF3をお小遣いためて買って、レンズは50ミリ1.4オンリー、モードラもかっこよくて、これって殺し屋の拳銃みたいな音がした、海遊館が出来る前の南港や神戸の海沿いの工場跡なんかを休日ごとに出歩いて、もう夢遊病者のように写真、こんな写真撮ってました。

デジタルなんかのはるか昔なので、フィルムはコダクローム25,一段アンダー、レンズは解放、できるだけフラッシュは使わないルールで犬の目でうろついてましたね。この頃のポジはたくさんあったけれど、殆ど何処かにいってしまって、スキャニングした少しだけが残っています。

別にどこかに発表するわけでもなく、遊びに来た友人に見せるくらいで、それで満足できた時代でした。ブログなんてなかったし。欲がなかったな~って。初めて覚えた遊びというのはそういうもので、写真を撮ること自体に夢中だった。

それはものを見る目を無意識に育てていたのかもしれない、細部をいかに発見するか。見ることでそれら廃物、ジャンクたちがよみがえり、新しい物語を語るかもしれないと。私とオブジェたちの秘そやかな交感。ちょっとかっこよく言い過ぎました。つまらない写真です。

2-20.jpg
3zG-2.jpg
4W2.jpg
5C7.jpg
7-2.jpg
621A.jpg


King Crimson - Starless


こんなに暗くて、まるで世界の終わりのような音楽に夢中になるってどんな日々を送っていたんだろう。ひょっとしたら幸せすぎてバランスを取るために聴いていたのかもしれない、んなこたぁないか。
チャールス・ミンガスの「Pithecanthropus Erectus」なんかに初期クリムゾンは影響を受けていたらしいけれど、ミンガスはクリムゾンを少しばかにしたような記事を読んだ記憶が。どっちも素晴らしいのです。
2013.11.14 Thu l フォトスケッチ l コメント (0) トラックバック (0) l top


コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroko0922.blog54.fc2.com/tb.php/612-8b5147a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。