FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


1DSC_2568.jpg

普段、パソコンでミニスピーカーでしか音楽聴けてなくて、私の部屋の再生機、もう二十年以上ほど前のとっくに古道具化しまっているものばかり、最近、使わないものだからスピーカーがカビだらけになって、さすがに捨てるかあげるか使うかって考え、奥様に手伝ってもらって掃除をしました。
日干しをしてカビをきれいにとって、さあ、うまく鳴るんかいなと、ちゃんと鳴ってくれました。

CDプレイヤだけが音飛びでダメ、大きい体で一番弱いやつ、ずっと故障はいままでもCDプレイヤばっかり。みんな音飛びで壊れました。修理は意味なし、今やパソコン用のdvdプレイヤーのほうが安くていい音がする。音源はiTunesばかり、たっぷり入ってます。

スピーカーはお気に入りでロジャースのLS7っていう、もはやアンチックもの。スピーカーはなかなか壊れません、コーン紙が破けても鳴るものね。イギリスらしい音がしますって、どんな音かいな。
アンプも古い、十数年前の製品、マランツ、いまでも元気いっぱい、デザインもお気に入り。

今から思うとオーディオメーカーっていい加減だよね。重いばっかりで鈍重。若い時は体力よかったけれど今はちょっと動かしてレイアウト変えようにもみんな重い重い。評論家が重いものほどいい音がするとかいってメーカーもひたすら重くしてましたね、あの当時、1980年代頃からかな。大きい家に住んでるならいいけれど、団地じゃねもう、ね。若い頃は大金持ちになってアラブのバカ殿みたいにオーディオで遊ぶのが夢だった、阿呆です、手遅れ。
古い安物でもそれなりにいい雰囲気で聴けます。生き返らせてよかった。
で、やっぱりまず、ブロッサム・ディアリーから聴きます。

久しぶりに楽しむ時、最初に聴くのはほぼ同じで、ビック・ディッケンスのロシアン・ララバイやケニー・バロンのフラジャイル、アルバート・アイラーのホリーファミリー、この後はドンチェリー、マリオン・ブラウン、スティーブ・キューン、ポール・デスモンド、歌もの、いろいろです。昭和歌謡の本当の良さもわかってきて最近ますますなんでも聞けるように、クラシックやロックはちょっと減りましたけど。最後はジョン・ルイスのゴールドベルクか平均律です、もう貞操観念なし、雑多。

レコードも整理して十数枚だけ残して後は廃棄処分でしょう、汚れてるし、あげたい人もいないし。いよいよ人生のあとかたづけを意識する頃になりました。というほどなにもないのです、ゴミばかり、本当に我楽多ばかりなのです、私の人生と一緒。

2DSC_2574.jpg
3DSC_2599.jpg
4DSC_2601.jpg
5DSC_2612.jpg

Yesterday When I Was Young


大好きなブロッサム、声が可愛いからって軟弱ではないです、きっぱり硬派な女性。びっくりするほど弾き語りのピアノが素晴らしい。お年を召されてからも強くてチャーミング。

Fly Me To The Moon


C'est le Printemps - Plus je t'embrasse (1961)

2013.12.10 Tue l 音楽のお話 l コメント (1) トラックバック (0) l top


コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.12.13 Fri l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroko0922.blog54.fc2.com/tb.php/620-54e37d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。