FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


P1050752.jpg

若い時は少し先、ちょっと未来に向けて、こんな時はこうしよう、そんな時のためにああしておこう、あんなことにならないようにしておかないと、こうありたい時のためにもっとこうしよう、とか。
そんな、起こらないかもしれないけれど起こりうるかもしれない日々の想念のアイテムが、もう無数なくらい気持の中を浮かんだり沈んだりしているのです。
若い時、時の密度がそうした思いで満たされているから毎日が長く感じるのではないかしら。

だんだん年齢を重ねてくると、きれいさっぱり時間の密度が薄まって、もう半透明みたいな、あるかないかの日常になっていくのでしょう。可能性がひとつずつリアリティの前に淘汰されていく、それは言い換えれば、想念は妄想の生みの親、だから妄想こそ若いという証し、生きるエネルギーなのかもしれません。

大晦日は黄昏どき、近所を散歩して、年の終わりのひんやりした、おしまいの気分、でも始まりの予感を味わいたいなって思います。
皆さま、一年間お疲れさまでした、よいお年を。

P1050758.jpg

見上げてごらん夜の星を / 押尾コータロー


  今年私と出会い
  語りあった人たちに感謝の気持を。

  私のことをほんの数秒でも思い出してくれた
  遠くの誰かに心からありがとうを。

  孤独と困難と寂しさのなかにいる誰かに
  精一杯の励ましと共感を。

  いつか遠くの星で再び会えるかもしれない誰かに
  懐かしさの想いを語れたら。
2013.12.30 Mon l タキシード猫クロコ・プリンセス l コメント (1) トラックバック (0) l top


コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.01.01 Wed l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroko0922.blog54.fc2.com/tb.php/626-72b55ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。