FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


DSC_0010 のコピー

いつまでも一般庶民がちょっとお馬鹿でアホでいて欲しい人達がいる。
浪花の庶民というか選挙民というか、そんな人情あふれる人々が、お馬鹿で脳天気でみんなまあまあまあ、適当にね、ッていうことを一番望んでいるのは、政治家、テレビ村、カルト宗教連中なんだなって、新年早々とってもわかりやすかった。

政治家にとっておバカな大衆ほど安心して統括できるものはいないし、お布施をどんどん吸収できる新興宗教や、面白くもない芸で満足してくれる客や、頭を使わず笑顔振りまくだけで観てもらえるテレビ界は安泰だから。

たかじんさんがなくなった。みんな悲しんでいるようだけど、彼をとことん利用したのが読売テレビであり、右寄りいっぱいの知識人たちであり、吉本のお笑い芸人だったことに気付いてほしいなって思います。

彼は昔から浪花の兄貴分みたいな自分でいたいと、自分で憧れていたようだし、話芸もあり、歌もうまく、愛嬌もあり、憎めない毒舌で大阪人から慕われていたのはその庶民の味方的人柄のためだったから。
私は昔のたかじんの過剰な兄貴分気取りが少し鼻についたけれど、彼が優しい男であることはよくわかった。若い頃のたかじんは反体制的な不良の魅力もあったし、偉そうな奴らに対抗する自分らしさも持っていたはず。

けれどもいつのころか、兄貴分を演じることにとらわれすぎたのか、橋下徹や辛坊や安部晋三たちにどんどん上手く扱われるようになった。
彼らがたかじんを慕っていたという構図は、本当はたかじんが彼等に利用されていたということです。

たかじんも晩年に向かって決め付けや物事の単純化、狭い知識の善悪の断定が目立ってきた。エンターティナー、心を歌う歌手のはずが保守の論客みたいになっていった、自分がとり続けたポーズから抜け出せなくなったんだろうか。
このままだとおばはんにもてるだけの兄貴、タレントいじりの兄貴になってしまいそう、そんな不安があったんだろうか。毒舌は庶民には受けるだろうけれど本当のことは見えなくなってしまう。喝采を送る人々になにももたらさないのは橋下徹を見ればわかる。
本気でテレビのタブーに挑戦し、本物の男気を見せてほしかった。

橋下徹や安倍晋三や辛坊は露骨にたかじんを利用した。彼ほど大衆の共感を得やすい人物は浪花にはいなかった。彼を慕っているポーズは大阪では絶対的に有利だから、ね。だって浪花の兄貴分だもの、庶民の味方に決まっているやんと。
阪神タイガース、たこ焼き、お好み焼き、お笑い、たかじん、やっぱ好っきゃねん。浪花の人はそう言っているだけの世渡り上手な連中を受け入れてしまう風土があるのです、浪花は悲しい色やねん。

そこまで言って委員会に嬉々として顔を出す保守論壇の人たちの醜悪さ、下品さは例えようがない。本当の浪花のふくよかな思考に似合わない。
こころ優しいたかじんはいつのまにかすり寄ってくるそんな人々の期待に応えざるを得なくなった。柔軟でしなやかな思考を持ちえていたはずの彼が、いつのまにか硬直したテレビ知識人や権力側にどんどん吸い寄せられていってしまったと、申し訳ないけれども、偉そうでごめんなさいやけれど、本当に、残念に、思うのです。


DSCN2296 のコピー

Hana Hawaiian Version  Teresa Bright
2014.01.11 Sat l タキシード猫クロコ・プリンセス l コメント (1) トラックバック (0) l top


コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.01.14 Tue l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroko0922.blog54.fc2.com/tb.php/629-22e360bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。